主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回と103回の薬剤師国家試験を調べながら解いています。気分次第です。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

薬剤師国家試験102回問67:患者向医薬品ガイド

f:id:phar:20170414003523j:plain

【予想解答】 4

 

【用語】

患者向医薬品ガイド
 患者の皆様や家族などに、医療用医薬品の正しい理解と、重大な副作用の早期発見などに役立ててもうらうために提供するもの。医療関係者向けに作成されている添付文書を基に、わかりやすく記載してある。

 

1:厚生労働省ではなく各製薬会社が作成

3:一般用医薬品⇔医療用医薬品

4:独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)

患者向医薬品ガイド | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

www.pmda.go.jp

5:難しくなりがちな説明を出来るだけ易しく記載し、なおかつ、A4用紙1枚程度にまとめてある

くすりのしおりとは

 

【感想】

何なんでしょう、この漠然とした用語に関する問題。
こういう知識はいるのかな?
「くすりのしおり」とは何かは知っておいたほうが良いと思うけど。