主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回薬剤師国家試験を調べながら解いています。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

102回問43:グルクロン酸抱合体

 

f:id:phar:20170308194633j:plain

 

【予想解答】2

 

【用語】

グルクロン酸

f:id:phar:20170404164905j:plain

 

抱合反応:第二相反応
チトクロムP450などの第一相反応によって生成した官能基に、硫酸やアミノ酸などの水溶性物質が結合する反応のこと。これによって脂溶性の高い化合物を水溶性の化合物に代謝し、排出されやすくする。

 

1:硫酸抱合体
3:アセチル抱合体
4:メトキシ基
5:グリシン抱合体

 

【感想】

グルクロン酸はグルコースが酸化したものとわかれば
選択肢から迷うことはないはず。