読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回薬剤師国家試験を調べながら解いています。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

102回問42:能動輸送担体

102回薬剤師国家試験

f:id:phar:20170308194602j:plain

【予想解答】1

 

【用語】

能動輸送:細胞がATPの力を直接あるいは間接的に利用して物質を濃度勾配に逆らって輸送する作用

能動輸送 - Wikipedia

  • 一次性能動輸送
    ATPのエネルギーを直接利用して輸送を行う形式

    •   Na+/K+ ATPase(イオン濃度勾配を形成)
    •   H+/K+ ATPase(イオン濃度勾配を形成)
    •   P-糖タンパク質
      (脂溶性の高い薬物を細胞外へ排出し、異物の侵入を防ぐバリアーとして機能している)

  • 二次性能動輸送
    一次性能動輸送によって作られた濃度勾配(イオン勾配、電位差)を利用して輸送する形式
    (ATPのエネルギーを直接利用して輸送するわけではなく、一次性能動輸送によってつくられた濃度勾配を利用して輸送を行う)

    • Na+/グルコース共輸送体:Na+の細胞内外の濃度差を利用して、同時に細胞内にグルコース分子を取りこむ
    • Na+/H+交換輸送体:Na+濃度勾配をエネルギーとしてH+を排出することで細胞内pHなどの調節を行う
    • H+/ペプチド共輸送体:Na+/H⁺交換輸送体によって作られたH+の濃度勾配を利用して、管腔側から細胞内へH+を取り込む。このとき、一緒にペプチドも取り込む。

 

 【感想】

一次性能動輸送担体を覚えていたら何とかなりそう