主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回薬剤師国家試験を調べながら解いています。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

102回問39:ゲンタマイシン

f:id:phar:20170306123047j:plain

 

 

【予想解答】3

 

【用語】

ゲンタマイシン(ゲンタシン®):アミノグリコシド

緑膿菌などのグラム陰性桿菌に強い抗菌力を持っている

 

  1. 葉酸合成阻害(葉酸:ビタミンB9とも呼ばれ、細胞分裂に必要な物質)
    サルファ剤

  2. 細胞壁合成阻害
    β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系、ペネム系)、グリコペプチド系(バンコマイシン)、ホスホマイシン系など

  3. タンパク質合成阻害(リボソームの働きを抑制)
    マクロライド系、テトラサイクリン系、アミノグリコシド

  4. DNA複製阻害(これも結果的にタンパク質の合成を阻害している)
    キノロン

  5. DNAからRNAへの転写阻害(RNAポリメラーゼに作用)
    リファンピシン

 

 

【感想】

時々こういうのを見ておかないと、忘れてしまう。
けれど、現場では培養結果の感受性を見たりして抗菌剤の決定をするから、どういう作用というよりは、部位別の効果とか、副作用の発現とか、そっちのほうが大事な感じ。

安易に使うのをやめようという動きも広がってきているから、経験則に頼らないほうがいいのかな。