読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回薬剤師国家試験を調べながら解いています。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

102回問28:シルデナフィルと硝酸薬

102回薬剤師国家試験

f:id:phar:20170306121911j:plain

 

【予想解答】2

 

【用語】

シルデナフィルバイアグラ®)

硝酸薬はNO(一酸化窒素)産生によって、グアニル酸シクラーゼを活性化させる。これによって、cGMP濃度が上昇する。

cGMPによって血管が拡張、また、冠動脈拡張により心筋細胞への酸素供給量を増やす。

cGMPはホスホジエステラーゼV(=cGMPの分解を促進する酵素:PDE-Ⅴ)によって分解される。

 

シルデナフィルはPDE-Vを抑制してNO神経によって増加したcGMPの分解を妨げ、細胞内濃度の増加を維持させる。

 

シルデナフィルと硝酸薬を併用すると、cGMPが過剰に増加し、全身血管の弛緩(血圧下降) など重篤な有害作用の発生が予想される。

 


役に立つ薬の情報~専門薬学~より図転載
http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/stenocardia.html

 

硝酸薬の作用機序

 

 

【感想】

バイアグラ®のようなED治療薬は、硝酸薬とは併用禁忌!これ大事!
同じ目的のレビトラ®バルデナフィル)、シアリス®タダラフィル)も併用禁忌