主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回と103回の薬剤師国家試験を調べながら解いています。気分次第です。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

薬剤師国家試験102回問17:フェニルケトン尿症

f:id:phar:20170304235958j:plain

 

【予想解答】1

 

【用語】

  • フェニルケトン尿症 - Wikipedia
    フェニルアラニンからはチロシン以降の生成物が作られない
    食事中のフェニルアラニン量をコントロールしないと余剰のフェニルアラニンがフェニルピルビン酸などの物質に変換され、これらがアミノ酸の細胞内への輸送を阻害してしまうことにより様々な悪影響を及ぼす
    低フェニルアラニン食を血中濃度と照らし合わせながら続ける対症療法が行われる

  • アスパルテーム - Wikipedia
    フェニルアラニンのメチルエステルと、アスパラギン酸とがペプチド結合した構造
    米国食品医薬品局(FDA)によりフェニルケトン尿症患者ではリスクがあるかもしれないという見解が出されている。
    パルスイート®など

 

【感想】

フェニルケトン尿症とアスパルテームはセットで覚えています