主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回と103回の薬剤師国家試験を調べながら解いています。気分次第です。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

薬剤師国家試験102回問13:mRNAプロセシング

f:id:phar:20170304235559j:plain

【予想解答】1

 

【用語】

真核生物では,転写された mRNA は以下のような修飾を受ける 。これらを総称して mRNA processing という。

  1. イントロンの除去
  2. Cap 構造の付加
  3. Poly A tail の付加

  • イントロン
    転写はされるが最終的に機能する転写産物からスプライシング反応によって除去される塩基配列。
    つまり、アミノ酸配列には翻訳されない。
    (対語:エクソン)

 選択的スプライシングは真核生物にとって遺伝的多様性を高めるための重要な手段である

  • スプライソソーム
    転写されたmRNA前駆体からイントロンを取り除いて成熟RNAにする機能を持つ、たんぱく質とRNAの複合体

 

【感想】

ぜんぜんわかりませんでした。完璧に忘れています。
高校で生物を履修していないので、きっと基本的なことが抜けています。