主婦薬剤師が勉強するためのブログ

40代の薬局薬剤師が、6年制薬学部生とのギャップを埋めるために勉強している記録です。ただいま102回薬剤師国家試験を調べながら解いています。

すぐに解答できない問題は飛ばしています。 間違いが見つかった際はご指摘くだされば幸いです。

102回問39:ゲンタマイシン

f:id:phar:20170306123047j:plain

 

 

【予想解答】3

 

【用語】

ゲンタマイシン(ゲンタシン®):アミノグリコシド

緑膿菌などのグラム陰性桿菌に強い抗菌力を持っている

 

  1. 葉酸合成阻害(葉酸:ビタミンB9とも呼ばれ、細胞分裂に必要な物質)
    サルファ剤

  2. 細胞壁合成阻害
    β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系、ペネム系)、グリコペプチド系(バンコマイシン)、ホスホマイシン系など

  3. タンパク質合成阻害(リボソームの働きを抑制)
    マクロライド系、テトラサイクリン系、アミノグリコシド

  4. DNA複製阻害(これも結果的にタンパク質の合成を阻害している)
    キノロン

  5. DNAからRNAへの転写阻害(RNAポリメラーゼに作用)
    リファンピシン

 

 

【感想】

時々こういうのを見ておかないと、忘れてしまう。
けれど、現場では培養結果の感受性を見たりして抗菌剤の決定をするから、どういう作用というよりは、部位別の効果とか、副作用の発現とか、そっちのほうが大事な感じ。

安易に使うのをやめようという動きも広がってきているから、経験則に頼らないほうがいいのかな。

 

 

 

問16:リノール酸の変質

f:id:phar:20170304235859j:plain

【予想解答】3

 

【用語】

不飽和脂肪酸に二重結合が複数あるとき自動酸化されやすく油脂の酸敗や自然発火などの原因となっている。

リノール酸11番の炭素原子は2つの二重結合に挟まれていて活性を持つ。

不飽和脂肪酸 - Wikipedia

 

【感想】

二重結合に挟まれている部分が水素の引き抜きが起きやすい(活性を持つ)のですね。

問15:免疫グロブリン

f:id:phar:20170304235811j:plain

 

【予想解答】5

 

【用語】

抗体は大きく5つのクラスにわかれる。
抗体の種類とは?|バイオのはなし|中外製薬

 

  • IgA
    鼻腔や肺の気管支、腸の内壁、生殖器などの粘膜に存在
    細菌やウイルス感染の予防に役立つ

  • IgD
    役割不明 

  • IgE
    Ⅰ型アレルギーの中心を担っている
    IgEが好塩基球やマスト細胞が、さらにアレルギー反応を引き起こす抗原と結合すると、ヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症物質が血液中に流出する

  • IgG
    血液中に最も多く含まれる免疫グロブリン
    母体から胎盤を通じて胎児に移行して胎児や新生児を保護する

  • IgM
    私たちが細菌やウイルスに感染したとき、最初に作られる抗体
    IgMが作られた後に、本格的にIgGが作られる

 

【感想】

学生だったらきっと基本的な内容として学習すると思う。
私は覚えていませんでした。
IgE抗体はお馴染みなのですが。

 

 

問14:真菌

f:id:phar:20170304235732j:plain

 

【予想解答】2

 

【用語】

(菌類=真菌)

  • エルゴステロール
    菌類の細胞膜を構成する物質
    菌類には存在するが動物には見られないという性質は、抗真菌薬の開発に応用されている

  • 原核生物
    明確な輪郭を持った細胞核がない(細菌

  • 真核生物
    細胞の中に細胞核を持つ(動物・植物・菌類など)

 

【感想】

正攻法でも消去法でも2にたどり着けます

 

 

問13:mRNAプロセシング

f:id:phar:20170304235559j:plain

【予想解答】1

 

【用語】

真核生物では,転写された mRNA は以下のような修飾を受ける 。これらを総称して mRNA processing という。

  1. イントロンの除去
  2. Cap 構造の付加
  3. Poly A tail の付加

 選択的スプライシングは真核生物にとって遺伝的多様性を高めるための重要な手段である

 

【感想】

ぜんぜんわかりませんでした。完璧に忘れています。
高校で生物を履修していないので、きっと基本的なことが抜けています。